発泡スチロールの可能性を追求し、様々な分野で多彩な用途に合わせた製品展開を実現

  • ホーム  >> 
  • 発泡スチロールについて

発泡スチロールについて

発泡スチロールの優れている7つの特徴

発泡スチロールは人と自然にやさしい素材。体積の98%は空気で、これほど省資源のものは他にありません。
炭素と水素から出来ていますから、人体には全く無害です。また、使用済み発泡スチロールの87.5%が有効に再利用されています。
日本ケミカルの発泡スチロールは環境にやさしいエコ素材、そして軽量・加工・断熱・耐水・緩衝の優れた高機能素材として注目される素材です。
その発泡スチロールの特性を独自の開発技術と結実させ、ハイクオリティな発泡スチロール製品を生み出しています。

98%が空気だから非常に軽量!

発泡スチロールは軽いため、誰でも身近で手軽に使用できます。
緩衝性など素材の特性を活かしながら、軽量であることが活用の場をさらにひろげます。

成形や、後加工がやり易い。

発泡スチロールは様々な金型通りの形になり、用途に適した成形ができます。
また、熱線、刃物などによる加工も自由自在にでき、接着や塗装なども可能な素材です。

空気をたくさん含むので保温性・保冷性も抜群です。

発泡スチロールは大量の空気を含んだ素材であるため、断熱性に大変優れています。
温度を一定に保つことができ、エネルギー消費を抑えるエコ素材です。

水や湿気をシャットアウトします!

発泡スチロールは保温機能と合わせ水を伴う食材の保管に広く利用されていますが、
水に強い断熱材として住環境の中でも利用が拡がってきています。

ソフトに、そしてハードに包んで守ります。

発泡スチロールは適度なクッション性と適度な強度をもつため、包装材や緩衝材に最適。
輸送中に壊れやすい家電製品やOA機器をやさしく包んでしっかりと守ります。

発泡スチロールは人体にやさしい素材です。

・発泡スチロールには環境ホルモンは含まれていません。
・発泡スチロール製品食品容器は国の規制や自主規制基準に適合しています。
・発泡スチロール建材(EPS建材)のシックハウスへの影響はありません。

循環型社会(リサイクル)に適応しています。

2009年リサイクル実績は87.5%。
リサイクルの実績を着実に伸ばしています。

発泡スチロール協会 JEPSA - http://www.jepsa.jp/

 ページTOPへ

お問い合わせ

  • ➜ お電話でのお問い合わせ
  • 059-331-1164
  • ➜ FAXでのお問い合わせ
  • 059-333-2480
  • ➜ メールでのお問い合わせ
  • 下記ボタンをクリックし、お問い合わせフォームをご利用下さい。
  • お問い合わせフォーム

発泡スチロール・EPSの日本ケミカル工業

〒512-0911 三重県四日市市生桑町336番地の1
TEL:059-331-1161(代)  FAX:059-333-2480
copyright © 発泡スチロール・EPSの日本ケミカル工業株式会社. All Rights Reserved.